SBOB00.png

2014年02月25日

カウンターはこんな感じに出来上がります




コンバージョンして広々と住まう家、現地で打合せ。
というか、現場に顔を出したら監督さんがたまたま来てて、
更にY社長も間もなく到着しますということで打合せ開始。

ulo-ru.jpg


2階部分のクロス、玄関周りの色やタイルの種類、
スキップフロアの立ち上がりの仕舞いをどうするか・・・
オーナーOさんのご意見を反映しつつ、塗装の職人さんも交えて決定。

あ、色関係はここでは表現しにくいんで「出来上がってのお楽しみ」です。





posted by 360BASE at 16:12 | 愛媛 | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

玄関周りの色について




玄関周りの色について、若干のOさんの意向を反映しました。
屋根の破風と玄関庇の破風を同色に。
玄関前の壁は淡いクリーム色、庇を支える柱は淡い黄緑。

5.23.jpg


遠目でみると光の加減ではほぼ白に見えるぐらいかもしれません。
優しい感じの仕上がりになると思いますよ、こんな感じでいかがでしょう?

図1.jpg

※2/20撮影

現場は着々と進んでおります。
セダン1台ほどの長さ(約4.5m)のダイニングカウンターも据えられました。
現場で実際に見ると、やっぱりロング!たくさんの友達が集えますね。



posted by 360BASE at 23:12 | 愛媛 | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

コンバージョンして広々と住まう家の玄関周り




昨日玄関庇のことを書いたけど、完成予想はこんな感じ。

gennkann1.jpg


外装の色もちょっと濃い目でいこうかと思いますがいかがでしょう?
あとは庇を支える柱の色、ワンポイントとなるポスト&表札を埋め込む壁の色
この画像を見ると白がなかなかええじゃない?
Oさんの同意が得られればそれでいこうと思います。






posted by 360BASE at 15:36 | 愛媛 ☀ | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

玄関庇が取り付けられておりました。




外観的にはアクセントになるであろう、
幅約2,700o、出幅約1,500oの大き目な玄関庇。
支える柱はまだ仮のものですが、取り付けられとります。

100_64171 (1).jpg

以前の庇は、いかにも和風の仕上げやったけど、
新しい庇と玄関ドアで印象は刷新されると思います。
100_5280hisashi.jpg
そして庇だけじゃなく、もうちょっと玄関周りは変身します。
こうご期待!







posted by 360BASE at 18:18 | 愛媛 ☁ | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

いよいよ玄関扉を装着!





やっぱり玄関は家の顔となる大事なセクション。
コンバージョンハウスにチョイスしたのは一枚扉の新感覚スライディングドア。

「今の賃貸住宅の玄関、昔ながらのガラガラっていう引違い扉から脱したい」
というOさんの強い要望で、ここはちょっと奮発しました。

DF8600_005220.jpg


L1.jpg


内部の方は現在、間仕切り壁を建ててる作業中

DSC_0022.jpg


作業が着々と進んでるんで、ちょっと日を空けたら変貌しとります。


posted by 360BASE at 18:31 | 愛媛 ☀ | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

コンバージョンして広々と住まう家のリノベ状況




昨夜の雨も上がって今日はあったかい一日になりまして。
日曜日で現場はお休みやけど、ちょっと見に行ってました。

20140202 ANJOJI.jpg


今週にはフロアを張り終えそうな感じ。
2階のユニットバスや新設する窓とかも現場に届いとった。
壁が立ち上がったらだいぶ、イメージしやすくなると思うんやけど、
それはおそらく再来週あたりになりそうやね。



posted by 360BASE at 15:47 | 愛媛 🌁 | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

今日は床を張りよります。




「コンバージョンして広々と住まう家」の状況は床材を張る作業中。
雨のせいか、ここんとこ昼間はちょっと気温が高めで、現場もあったかい。

100_6234.JPG


張る予定の2種類の床材のうち、レベルが高い方は無垢のパイン材。
表面の仕上げはワックスだけで、使えば使うほど味わいが出るものとした。

100_6236.JPG


むき出しになっとった天井の鉄骨もボードが張られて「家」らしくなりよります。


posted by 360BASE at 12:07 | 愛媛 ☔ | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月24日

レベル100oの床




コンバージョンして広々と住まう家のリビングの高さは2通り。
キッチンとダイニング周辺は床下から100mmでリビング部分は260mm。
160mmの高低差がこの住まいの特徴となる。

図2.jpg


その100o部分の床下部分に等間隔で並べよる物体。
これは「プラ木レン(ぷらもくれん)」というもので、
ネジを回すことによって床の微妙なレベル調整が出来る便利な建材。

あ、今日は松山もあったかいんで職人さんもちょっと楽かも。



posted by 360BASE at 13:04 | 愛媛 | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月21日

壁、床の造作共に着々と進んどります。




1階の排水管の埋設や給水管のジョイント・壁と床の造作工事等着々と進んどります。
このページから初めてみた人にはこちらをご覧いただければ、
これまでの状況がおわかりになるかと思います。

20140121001.jpg


まだまだイメージしにくい状況ですがフロアを貼り終えれば、
この住まいの特徴のひとつである「スキップフロア」がお目見え。

逸る気持ちを抑えて工事の進捗を見守りたいと思います。


posted by 360BASE at 12:02 | 愛媛 ☀ | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月17日

内部の壁厚を調整して、露出した基礎部分を隠す。




そもそも1階部分は飲食店で土間仕上げだったんで気にならんかったんやけど、
普通の居宅にコンバージョンするにあたって床を作る作業が発生する。

安城寺 C&R PLAN 1F cc.jpg


土間コンの上に直接タイルカーペットとかを貼る案もあったけど、
やっぱり底冷えもするやろうし、歩いた感触も固いのは足腰に良くない。

ただし天井高が2500oなので床を上げた分だけ天井が低くなるんで、
せめて100oだけでも座を上げてフローリング仕上げにすることとした。
(一般的な住宅の天井高は2400o前後)

さて、基礎高よりも床が低くなることにより、
部屋内部の壁の下部に基礎部分が出っ張ってくる。
上からボードを貼っても段差が出るんで見た目にも良くない。

間柱追加で壁をふかす.jpg


そこで、基礎の出っ張り以上に内部全体の壁厚をふかすことにした。
当然ながらふかした分だけ微妙に内部の面積が狭くなるのは確かやけど、
それによって得られる効果は、
@本来の狙いである基礎部分が隠れて内壁の仕上げが見た目にもスッキリする。
A外壁と内壁の距離が離れることにより、断熱効果や遮音効果が上がる。
Bサッシを内部から見た場合に深さが生じてデザイン性が向上する。
等が挙げられる。

100_6124.jpg


なお、スキップフロア部分は無垢のパイン材、
100oセクションは濃いめのフローリングというコーディネートに決定。


posted by 360BASE at 16:20 | 愛媛 ☀ | リノベハウス【R05c】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする