SBOB00.png

2016年02月03日

住宅ローンの引き下げ傾向


日銀が導入を決めたマイナス金利。
それともなって住宅ローンの金利も引き下げ傾向のようです。
これから家を買って住宅ローンを組もうという人にとっては朗報です。
049.png
けど、経済全体を見渡すと金利引き下げはいいことづくめでもないようですが、
ともかく住宅ローンということだけを見ると、今は「買い」でしょう。

posted by 360BASE at 23:22 | 愛媛 ☀ | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

銀行借入するときに何回銀行に行く必要があるか




今日は買主さんと四国労働金庫に金銭消費貸借契約へ。
DSC_0011.jpg

さて、住宅を購入する際に金融機関に何回行くことになるのか?
よく訊かれる質問ですが・・・答えとしては、基本的には4回。

@事前審査の申込み
これはサンロクマルベースでも代行しますので、1回に含まないかもしれませんが、
一応1回ということにしときます。

A本審査の申込み
実際に不動産売買契約を締結後、本審査を行います。
これはご本人が金融機関に出向いて申込みます。

B金銭消費貸借契約
本審査が承認されたら、金融機関とお金の貸し借りの契約をすることになります。
これもご本人が行く必要があります。

C融資の実行
融資の実行、すなわち実際にお金が融資されることを指します。
売主・買主・司法書士・不動産業者等が集まり、
お金の受け渡しや所有権移転等の手続きをします。
※実行時は、どうしてもご主人様が仕事の都合で来れないという場合などは、
奥様が代わりに来ることも可能です。

不動産購入時の住宅ローン、何かと不安なこともあると思います。
金融機関に親戚がいるんで一緒に来なくていいっていう場合を除いて、
サンロクマルベースでは全て一緒に行きますのでご安心ください。



posted by 360BASE at 16:52 | 愛媛 ☀ | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月13日

中古住宅の購入資金の融資についてB





住宅ローンの件で書いたんで、その流れでもうちょっと。
よくある質問とサンロクマルベースなりの見解を列挙してみました。

物件代金と諸経費以外も併せて借入れ出来る?

照明器具・・・可能
カーテン類・・・可能
引越し費用・・・可能
リフォームやカーポート設置費用・・・可能
火災保険料・・・可能
電化製品・・・不可
家具類・・・不可
車の購入費用・・・不可
他の借金のおまとめ・・・不可
結婚式費用・・・不可

金融機関によって若干違いはあると思いますが、概ねこんなもんです。
ただ「この照明器具とカーテンも35年ローンで買った」となると、
それらは35年ももたないもんやし、ちょっとやるせないものがあると思います。
それと微妙はところは個別で相談にさせてもらいますのでお気軽にどうぞ。


前年度の自分の所得ってどうやって知るん?

会社員なら源泉徴収票を年末の給料明細に同封されてるし、
無い場合は市役所で所得証明書を取得して下さい。
その書類の中で一番大きい金額になっているところが所得の総額です。


自分がブラックリストに載ってるかどうか知りたいんやけど

だいたい金融機関は3箇所の信用情報機関に信用情報を確認しにいきます。
銀行系・信販系・消費者金融系の3箇所です。
それらの機関に自分の信用情報を開示してもらうことは出来ます。
詳しくは個別で教えいたしますのお気軽にサンロクマルベースへ

プロ○スやアイ○ルのカードを持ってるんやけど。

これは判断の分かれるとこですが、
以前信用金庫の担当者レベルでは一定の収入があり、
返済比率的に無理がなければOKという話もありました。
ただ、やはり消費者金融での借入があると難色を示される方が多いと思います。
また、以前利用したけど完済して今は借りてないという方は、
カードを破棄するだけではダメで、きちんと解約手続きをして下さい。

母子家庭って貸してくれるん?

母子家庭ということで貸してくれないことはありません。
ただ、返済面で不安要素が多いとみなされるケースもあります。
頑張ってるお母さん、全力でバックアップしますのでご相談下さい。

今、県外に住んでて、すぐには住まないんやけど、
住宅ローンで借りられるん?


住宅ローンは基本的には直ちに住むことを前提としているのですが、
こういう事情の方もいらっしゃいますよね。
不可能ではありませんのでお気軽にご相談下さい。

融資の申込や手続きとか初めてで不安なんやけど。

ご安心下さい。
事前審査申込・本審査申込・金銭消費貸借契約・融資実行まで
全て一緒に金融機関に行きます。




・・・・とりあえず今日思いついたのはこれぐらいなんで、
続きはまた思いついたときに書かせていただきます。

さ、晩飯、晩飯(笑)







posted by 360BASE at 18:37 | 愛媛 ☔ | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

中古住宅の購入資金の融資について@




中古住宅を購入するにあたって一番気になるお金のところ。
お金の部分というても、価格、諸経費、ローン、税金・・・いろいろあるけど、
特に住宅購入資金の相談が一番多いかも。

いくら借入が出来るのか、どこで借入れたらええんか、月々どの程度の支払いになるか、
何年ローンが組めるんか、どんな手順や手続きがいるんか・・・
そこんとこを知っとかんと不安で不安で話が進めれんというわけ。

ちょっとそこらをサンロクマルベースでの事例で紹介させてもらおうと思います。

中古住宅の購入資金の融資について
漠然としてて何から書こうかちょっと悩むけど、
今回は軽く自分の知ってる範囲で。

書きやすくするためにひとつの例として書いてみようと思います。
・・・さて、Aさんという人という想定。

Aさんは32歳で、専業主婦の奥さんと子供2人で4人家族。
お勤めは4年前に転職して、現在は正社員で建築関係の仕事に従事。
税込みの年収は350万円
他の借り入れで車のローンをボーナス払い無しで月々25,000円返済中。

購入物件は築30年の中古住宅。
物件価格は、1,800万円
諸経費については、約100万円

諸経費の内訳はザックリとこんなもんかな。
細かくは言えば、住民票や所得証明や印鑑証明証とか役所で取得する費用とか、
ケースによって数千円単位の費用もかかるけど。

・司法書士に払う登記費用 約300,000円(司法書士により若干の差異有)
・固定資産税の日割分 約30,000円(引渡しの日による)
・契約書に貼る収入印紙代 15,000円
・仲介手数料 630,000円(購入価格×3%+6万円+消費税)
・融資手数料等 約50,000円(金融機関により異なる)
合計 約1,025,000円≒100万円

併せて引越し費用、火災保険料、カーテンや照明器具の購入も必要やけど、
その辺は費用がまちまちなんで今回は外しときます。

というわけで借入は、1,900万円。
自己資金を入れずにフルに借入
ボーナス払いはせずに月々の支払いだけで35年で返済希望

bs_764_copy.jpg


さて、上記のような場合どの金融機関に持込み、
月々の返済額や手続きの手順をどうしたでしょう?

今日は眠くなったんで、続きは次回に書こうと思います。








posted by 360BASE at 23:17 | 愛媛 | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

住宅ローンはどこで借りるか!?




住宅購入資金を借入する場合、どの金融機関に申し込むか。
この選定がすごく大事なことやと思う。

購入する物件の担保評価の基準も様々で、築年数・リフォームの有無・土地面積・
建物面積・集合地番かどうか・固定資産の評価・路線価・・・などなど。

お客さんの年齢・自己資金・年収・自営業かお勤めか・勤務先・勤続年数・年齢・
給与振込銀行・車のローンの有無やクレジットカードの所持状況・・・あれこれ。


いろんな角度から判断してどこに申し込めば一番有利でスムーズか。
その判断を誤ると思い通りの借入が出来なかったり、
思いのほか融資の承認に時間がかかったりする。


bs_765_copy.jpg


行き当たりばったりで「伊予銀行がダメだったけん、次は媛銀じゃ」などと、
な〜んも考えずに審査の申し込みをしてると、
信用情報のデータ照会回数がいたずらに増えてますます不利になる場合も。

あと、なかなか言いにくい話も伺うことがある。
奥さんがいる前では話せないこともあるかもしれんので、
あとでこっそりと事情を訊くこともある。

逆に今までローンも組んだことが無い、クレジットカードも一枚も作ったことが無い、
いわゆる真っ白すぎる状態の人もちょっと怪しまれたりもする場合もある。

定年は何歳か・退職金はあるのか・どのぐらいもらえそうか・雇用延長はあるか・
実際にそんな先のことはわからんけど、数十年先の話を訊くこともある。

細かく書けばきりが無いけど、いろんな状況を判断して審査を申し込む金融機関を決める。
これって、不動産業者としてはすごく重要なことやと思う。






posted by 360BASE at 02:12 | 愛媛 ☁ | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

住宅ローンの返済、どうしよう?





今日住宅ローンの件で行った金融機関で頂戴し「金融庁」が作ったパンフレット。
昨今の不景気で返済が困難になって困ってる人が多いらしい。
img030.jpg


最近は、「銀行で年収からみて○○○○万円借入可能だと言われた」といわれても、
お客さんによっては出来ればそれよりももっと予算を下げた物件を勧める。

「おせっかい」とか「余計なこと」だと思われるかもしれんけど、
住んでからの生活を考えると出来るだけ無理の無い資金計画を立てんといかんと思う。

もちろん不動産屋の立場的にも本来なら高額であるほど仲介料も多いし、
勧める物件の選択肢が広がるんやけど。

ま、結婚がゴールではないように、マイホーム購入がゴールではなくスタートやけん。





posted by 360BASE at 19:01 | 愛媛 ☀ | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

住宅ローン借入の審査



住宅購入資金の調達方法はやっぱり一番大事なところ。

そもそも自分が借入出来るのか、
どのぐらい借りられるのか、
何年で返せばいいのか、
貯金がゼロでもいいのか、
勤務年数が1年未満やけどどうなんか、
派遣じゃダメか・・・

ま、いろいろと不安があるもんだと思う、

借りる銀行とかの金融機関によって審査基準もまちまち。
某A銀行は減額されたけど、別のとこでOKが出たりもする。
bs_765_copy.jpg


自分がどのぐらい借りれて、
どのぐらいの月々の返済額か知っておかんと
広告やチラシを見てもリアリティが無い。

いよいよ「さ!買うぞ〜〜!!」って
意気込んだのに、いざ銀行の審査に出したらNGなんてこともある。

そんな不安を解消するために、
事前に審査をしておくことをお勧めします。

なんでもご相談下さい。

サンロクマルベース
TEL 089-994-6540
E-mail info@360base.info







posted by 360BASE at 22:13 | 愛媛 ☔ | 住宅ローンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする