SBOB00.png

2013年10月03日

「RSCA OFF」というボタンって?


今まであんまり気に留めてなかったけど、タンドラに「RSCA OFF」というボタンがある。
・・・なんやねん?これ。

トヨタのHPで調べてみたら、エアバッグがハンドルとかの前からだけじゃなくて、
フロントピラー、ルーフサイドレールからも出るらしい。

オフロードとかの傾斜地で車を大きく傾けて走るときとかに
エアバッグ作動するのを任意でオフに出来るんやって。

100_4620.JPG

RSCA(ロールオーバー対応乗員保護システム)=Roll Sensing of Curtain Shield Airbag

ま、この車になってクロカンとか、そんなふうに傾けて走ることないし、
横から衝突されることもあるかもしれんしね、普通はオンにしとけばええやろ。

posted by 360BASE at 03:22 | 愛媛 ☀ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

タンドラのタイヤ




去年の1月に履かせたBF Goodrichのマッドテレーン。
ノーマルは265/65-17からワンサイズ幅を狭めた255/75-17。
年間3200km少々の走行やからおそらく履いてから5000kmぐらい。

6月の車検で前後ローテーションしたけど、フロントがこんな感じ。

100_4597.jpg


同じくリアはこんな感じ。
ショルダーの摩耗はそれまでフロントに履いとったけんね。

100_4598.jpg


まだまだ全然使えるし、な〜んも問題無いんやけど、
今日はちょっとタイヤをシゲシゲと眺めたりしてみた。

しかし、このパターンってもう廃版で今はこのパターンだけになってしもたみたい。

bf-goodrich-mud-terrain-ta-km2.jpg


しかも255/75-17というサイズも無いみたい。
あと2年ぐらいは大丈夫なような気がするけど、そん時はまた悩まないかんなぁ。





posted by 360BASE at 00:11 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

シャーブラのやり残しを塗らんといかんね




真夏の猛暑でタンドラの下回りなんかチェックするどころじゃなかったし、
塗り残しとったシャーブラも塗りたいと思いながらはや4か月。

11100_4230.jpg


こうやって見てしまうと気になって仕方なくなるんよね〜
・・・3tジャッキとスタンドもやっぱり要るなぁ。




posted by 360BASE at 17:56 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月05日

タンドラのハードシェルがついに到着!




インターネットのすごさをあらためて感じた出来事。
随分前から「ハードシェルが欲しい」「木で作ろうか」等とここでもぼやいてたら、
それを見つけてくれた横浜のKさんから「不要になったので譲りますよ」とご連絡。
日本にはほぼ無いやろと思って諦めかけてたギリギリの時に、
まさに神様っておるんや〜と思った瞬間やね(ちょっと大げさかw)

ヤマトさんの家財便で待つこと発送から5日は長かったけど、
本日無事にサンロクマルベースに到着!

100_3724.jpg


とりあえず梱包をといて置いてってもらったけど、想像してたもののやっぱりでかい。
重さは80kgはあると思うし、一人じゃ絶対脱着不可能。

100_3728.jpg


シェルを装着する前にまずは既存のトノカバーを撤去。
これもシェルと同じぐらい重くてくじけそうになった。

100_3731.jpg


か弱い相方に無理やり手伝ってもらってなんとか装着。
お〜〜!やっぱり期待を裏切らないかっこよさやん。
しかもうれしいことにサンロクマルベースのロゴまで作って貼って送ってくれました。
けど、月曜日の朝から大汗かいて、明日明後日は筋肉痛かもしれん。

100_3735.jpg


中はこんな感じ。
やっぱり自作じゃこういうのは絶対不可能やろ。
自分で作ったフロアもクオリティがアップした気がする。


これで、今年のキャンプは親子で川の字になって車中泊が可能になった。
あとは、ハイマウントストップランプの結線とLEDの照明器具がいる。
ロビンのケージを置く棚も作らんといかんし。

とにかく、ネットでのご縁でつながったKさんのご厚意に感謝します。
ありがとうございました。

あ、外したトノカバーはどうしよか??
タンドラ05年 ダブルキャブ用トノカバー・・・オークションに出品しよか?
それとも大事に保管しとこかなぁ。












posted by 360BASE at 14:28 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月31日

タンドラのカーゴの床を(一応)仕上げた。




タンドラのカーゴの床の仕上げにかかった。
ここんとこ、こう暑いと作業する気がせんかったんやけど、なんとか気合いで。

2.jpg


とりあえず黒に塗ったらそれらしくなるかもということで、
見えるとこだけシュ〜〜っと真っ黒に塗ってみた。

3.jpg


お次はCF(クッションフロア)を貼ってみた。
CF用の接着剤が安物のチューインガムみたいにネチャネチャで、
こんなにやっかいなものと初めて知ったし、これも勉強か。

4.jpg


ま、「合板のささくれでケガをせんようにするんが目的なんで」と、
言い訳がましく大雑把に仕上げる悪い癖。

1.jpg


熱中症にならんように30分おきにはお茶をガブガブ。
大汗かきながら素人作業はこれで完了!



posted by 360BASE at 16:52 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

とりあえずベッドを作ってみた



いつまでも躊躇しとっても仕方ないし、雨が上がったせいでちょっと焦りもあって、
タンドラのカーゴのベット制作にかかった。

コーナンに行って必要な部材をせっせと購入。
電動ドリル、ノコギリ、釘、木工ネジ、合板・・・商品が多すぎて迷うこと1時間。
ようわからんので木材の判断基準はサイズと価格やけど、
合板に関してはホルムアルデヒドの低いのをチョイス。

電動丸ノコの購入は今回見送って、コーナンで大雑把にカット。
大きなカッターがあって、親切な女性がなるべくカット数が少ないように切ってくれた。

DSC_0023.jpg


タイヤハウス上空に床になるように土台を組んでみた。
こういうのってどこから作るとかっていうのは全然わからんし、
自分なりに考えた末、こういう土台にしてみた。

1.jpg


2.jpg


今日初めてみつけた便利なT字の金具98円。
こんなんが欲しかったんよね〜、これで作業効率アップ!

3.jpg


汗がダラダラ流れるし休憩ついでに、ジュニアに披露。
「父さん、すごいね〜!」の一言で疲れが吹っ飛ぶ。

4.jpg


床下に収納出来るスペースはあるけど、
入れる物がパッと浮かばんような150mmという中途半端な高さ。

6.jpg


とりあえずこんな感じで出来上がり。
CFかカーペットを敷く作業はまた今度っす。
時間的にちょっと早いけどクリアアサヒが美味かった!










posted by 360BASE at 17:18 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

なかなか進まんタンドラのシェル制作




机上で考えとるだけじゃいかんのやろうけどね。
木工というジャンルは中学生の授業以来まともにやったことがないし、
なかなか着手する思い切りがつかず状態。

tiltshift_100_3351.jpg


どうせならこの段階を十分に楽しめたらええかという楽観さが仇なんやろか。
図面を書いて部材を拾い出してはしばし思案。

・・・ホームセンターでカットしてもらおうと思うけど、
ミリ単位のカットの精度ってどうなんやろ?
微妙に長いだの短いだのって時の調整には、やっぱり自前の道具がいるんやろか?とか。
ここまで補強柱を入れたら大丈夫やと思うけど、ホンマに大丈夫なん?とか。
ルックス的にも少しはカッコええやんと思うように出来るん?とか。
いろいろ不安はつきん。

近所のホームセンターでさっさと材料を買ってきたらええやんと思いながら、
まだまだ机上で考えてたいだけなんか・・・

あかん!そうこうしよる間に梅雨が明けて夏が始まりそうや。






posted by 360BASE at 15:44 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

合板の強度って???




合板のしなりの強度が感覚的に分らんということは、
補強をどれだけしたらええか見当がつかんのでコーナンに見に来た。

厚みが12mmで長さが50pや60pなら重さで湾曲するのもそんなに気にせんけど、
長辺が1820mm、いわゆる畳一畳分位の大きさやとペラペラまではいかんでも、
真ん中寄りに人が載ったらそるやろうし。

DSC_0022.jpg


走る車の風圧や振動と、どうせなら上に登ってくつろいでも大丈夫なようにしたいし。
「ま、いけるんじゃない?」と思えるかどうかっていう感覚を検証したかったわけ。
結局は実際にとりかかって要否の判断やろな、やっぱり。

で、いつ取り掛かるん?


posted by 360BASE at 17:40 | 愛媛 ☔ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月21日

そうそう、こんなシェル!




タンドラのハードシェル計画は未だあんまり進まず。
重さ、強度、居住性、運転のし易さ、それとコスパ。
結局どういう形状にするか、構造にするかが定まってない。

フォーホールのポップアップ式のシェル。
天井高はこの位で十分なんよな。

img_1513004_63104598_21111.jpg


ポップアップはせんでもええし、オーバーヘッド部分もなくてええけん。
画像を加工したらこんな感じ・・・間違い探しみたいやけど。

img_1513004_63104598_2111.jpg


これを合板で作ったらどうなんやろ?
費用こそ合板代だけで済むけど、強度や防水や重さが気になる。
しかも塗装したことろで外観が残念な感じにならんやろか?

というわけで、未だ未着手。


posted by 360BASE at 23:07 | 愛媛 ☔ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

タンドラのシェル製作委員会




タンドラの木製ハードシェルを製作を検討するにあたって、
どうしても知識的に行き詰るんで、いろいろと若旦那に相談。
強度や材料、細部の仕舞とかやっぱりプロに聞くのが一番。

100_3244.JPG


さすがプロやね〜、いろんなアイデアが出てくる。
数あるアドバイスの中での極論は、木造をやめて幌仕様はどうかということ。
大まかに言えば、運送用の軽トラみたいな感じ。
たしかにその方がコスト的にも作業的にも現実感があるし、ある意味潔い。

キャンプの時にテントの薄い生地やとなんとなく感じる不安、
御三戸の夕立時の暴風雨が終わるまで今までよりちょっと快適に過ごしたいし、
カーゴをトノカバーで塞ぐんでどうしても積載が二次元的になって窮屈やし・・・

本格的なキャンピングシェルほど大袈裟じゃなく、
一般的なハードシェルよりも居住性を確保したいんですけど、
さてさて、どうなることやら。







posted by 360BASE at 22:37 | 愛媛 ☁ | US TOYOTA TUNDRAのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする