SBOB00.png

2018年12月26日

あいにくですが・・・お断りしました


以前あった初めてのお相手からの電話。
名前を名乗ることも無く、ただ〇〇県(鹿で有名な関西の)は教えてくれましたが、
一般人なのか施工業者なのか素性もわからないまま。

要件は簡単に言うと
「愛媛から〇〇県に建てに来てはくれんやろ?だから図面だけでも送って欲しい」とのこと。
(県内でも遠方は別途相談となりますし、県外での施工は現在のところ考えてません。)

結論から申しますと、あいにくですがお断りしました。

もしかしたら大袈裟に勿体をつけるような話でも無いのかもしれません。
ただ、何度も何度もお客さんと打ち合わせを重ねてようやくたどり着いた間取りですし、
やはり先のお客さんも決していい気はしないですよね。

giarret 001.jpg
仮に平面図を差し上げたとしても、
使用する部材やあらゆる箇所の仕舞、図面に表記しきれない工夫した部分等、
おそらく平面図だけでは読み取れないところが大量にあると思われます。

また図面を作ったこっちサイドでさえ「実際にやってみて判った部分」は少なからずあり、
その度に施工中の現場を直に見ながら「あーだこーだ」「そだねー(笑)」と打合せ、
現場監督や職人さんの意見を頂戴しながら少しずつ少しずつ貯めていったノウハウが活かされてるわけで、
同じものというか、もしかしたら思ったような家にならないかもしれません。


posted by 360BASE at 21:48 | 愛媛 ☁ | FLAT HOUSE PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする