SBOB00.png

2013年09月30日

設備機器等の入替えでこんなに違います




セルフリノベーションハウス西長戸は完成し、
引越もセルフらしく、オーナーさんは一昨日からてんやわんやのようです。

さて、今回は設備機器の入替えによる変貌を紹介します。
オーナーさんはもしかしたら思い出したくない過去かもしれませんが、
「こんなに変わった!」ということをあらためて実感していただきましょう。

@キッチン:壁づけから対面に移動し一新しました。

キッチン.jpg


Aお風呂:オーナーさんたっての希望で1坪タイプのユニットバスに変更。

風呂.jpg


Bトイレ:リモコン付き洗浄暖房便座に入替えはやっぱり定番ですね。

トイレ.jpg


C洗面所:狭かった洗面所も広くとりなおし、洗面化粧台はボールの大きいものへ。

洗面.jpg


D設備じゃないけど階段:薄暗かった階段は手すり以外、壁も踏み板も全て真っ白に。

階段.jpg


ビフォーの画像は工事途中のものもあり、比較には絵的に不公平感があるかもしれませんのがご了承下さい。

「まだギリギリなんとか利用できるかも」と思われる設備機器もありますが、
主に女性が家事をするときに触れる水回りはやはり一新したいのが人情かも。

しかし、特にタイル貼りのお風呂は現時点で大丈夫でもゆくゆくは水漏れも心配です。
そうなると建物の躯体に腐り等の悪影響を及ぼしたでしょう。
また水回りの変更(移動)により床下の配管も新品となり、より安心して住めますね。







posted by 360BASE at 11:11 | 愛媛 ☁ | リノベハウス【XX】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする