SBOB00.png

2018年01月07日

2014年にスタートしたフラットハウスプロジェクト


めずらしくファイル棚の整理をしててふと気づいたこと。

2014年に春頃にスタートさせたフラットハウスプロジェクトも3年以上経過。
自分がかっこいいと思う家の模型を作って眺めてながら遊んでたことがきっかけ。

そもそもジョンソンタウンにある米軍ハウスみたいな平屋が好きで、
古くなってもいい感じな経年変化をもたらし、レトロアメリカンな匂いのする佇まい。

けっして豪華じゃなく、先進的じゃなく、メンテナンスフリーでもなく。
主張し過ぎず、仕様も頑張り過ぎず「このぐらいでいいんじゃない?」と思える程度。

新築とはいえ腫れ物に触るような扱いじゃなく、
子供が付ける傷や汚れも神経質にならず、描いた絵や記念写真もどんどん壁に画鋲で貼り、
例えば10年後に外壁の塗装は家族総出でペンキで塗ったり、少々の失敗も笑って許容する住まい。

サイディングでもタイルでもないオール木製の外壁が特長のフラットハウス。
もしかしたら今時の一般的な住宅よりも経年変化が早く、手間や費用がかかるかもしれません。
それらを理解した上でおそらく独特の風合いに年を重ねる家を
家族同様に可愛がってもらえたらうれしいんですけどね。

FHP.jpg

そういえば、お引渡しを済ませたものとこれから着工するものを合わせてもまだ7棟です。
宣伝不足もあり、まだまだ松山市内でも一般的には知られてないんじゃかと思います。
気に入っていただいたものの二階建てと比べて必要な敷地サイズも大きくなり、
お持ちの土地には配置出来ずに断念された方もいらっしゃいました。
また工期も少々多くかかるため、たくさんのご用命をいただいても年間に建てられる棟数も限られてます。

「不動産屋らしく従来通り中古物件や土地の仲介業務に力を注いでればいいんじゃない」と
以前はふと思ったりすることもあったりしたんですけど、
それでもフラットハウスプロジェクトを運営してるのはやっぱり自分自身がそんな家が好きだから。
また昔ミサワホームで営業をしてた経験も後押ししてるのかもしれません。

いろんな方向性がある現代の住まいの中で、同じようなこだわりを持ってる方にご賛同いただき、
生活スタイルごと楽しんでもらえるような方、大募集です。

・・・あれ!?今日は文字が多いなぁー

posted by 360BASE at 23:00 | 愛媛 ☁ | FLAT HOUSE PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする