SBOB00.png

2017年05月08日

カバードポーチでくつろぐこと


フラットハウスSIROMONOの玄関前のカバードポーチ。
一見無駄な空間と言われてしまいそうですが、無駄ととるか魅力と思うかはそれぞれの価値観ですね。

10[1].png

フラットハウスの外観のアクセントとして大きな効果をもたらしてるんですが、
こんな季節はのんびりとロッキングチェアでも揺らしながらぼんやり出来るスペース。
ペットや子供と素足のままセカンドリビングとしても過ごせる場所じゃないでしょうか。

posted by 360BASE at 14:08 | 愛媛 | FLAT HOUSE PROJECT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする